人気があるペットのサプリメント

人間と同じように、ペットの健康サポートのためのサプリメントが登場しています。犬も人間と同じように、獣医学の発達のおかげで寿命が延びています。しかし、一方ではがんや糖尿病、認知症、アレルギーなどの病気も増えている状態です。犬は人間と違って自分の不調を察して病院に行くことはできません。また、飼い主が与えたもので栄養を満たして体調を整えるしかありません。手遅れにならないようにするためには、日頃の体調管理が何より大切です。普通にドッグフードを与えて入れば栄養バランスは大丈夫というわけではなく、プラスして与えた方が良い栄養素もあります。特に老犬になると食が細くなってドッグフードからだけでは十分に栄養を補給できなくなるので、栄養を簡単に補給できる工夫をしておくことが大切です。

犬の悩みは人間の悩みと似ている

ペットのサプリメントで人気があるのは、人間も同じように悩んでいる症状の改善や予防に役立つ種類です。例えば、腸の健康維持のために麹菌やラクトフェリン、ビフィズス菌、乳酸菌などの腸内の善玉菌を活発にしたり、増やしてくれる腸の健康維持系は人気があります。人間も腸内環境を改善するためということで、ヨーグルトなどをせっせと食べているので、同じような悩みを抱えているということです。腸内環境が整うと、便秘や下痢、においや形状の問題が改善されます。また、腸内環境の改善は便通だけではなく、食物アレルギーなどアレルギー体質の犬の免疫力をアップしてアレルギー体質を改善するのにも役立ちます。免疫力がアップすることで、ウィルスや細菌に強い体になるので、皮膚病などのリスク軽減にも役立てられるのがメリットです。

関節や頭などの高齢化によるトラブル対策

犬も人間と同じように老化によって関節の動きや認知機能などが悪くなっていきます。いわゆる関節炎や認知症といった症状は、犬でも最近よく増えている問題です。関節のトラブルを予防するために人気があるペット用サプリメントには、グルコサミンやコンドロイチン、コラーゲンやエラスチンなどの関節の健康を守る成分が配合されたものがあります。認知症対策に対しては、DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)などの脳の情報伝達をスムーズにしてくれるものが人気です。犬用と言っても、配合量が犬用の体重に調整されているだけで中身の成分はほとんど同じです。認知症対策と言っても、子犬の頃覚えたり、学んだりする時期のサポートにも適しています。与え続けることで脳の健康維持に役立つでしょう。